「あなたの夢はなんですか?」
こんな風に聞かれたときに、すぐにストレートに自分の夢を語ることのできる大人はどのくらいいるでしょうか。
私の場合は、なんとなく気恥ずかしくなって、本当のことが言えず、体裁を気にしてしまいます。
または、夢と言って良いのか悩むくらい現実的で、人にいうような内容のものでないという人もいるかもしれません。
私がそんなことを急に思ったのは、先日、職場に地元の中学生が職場体験にやってきたのがきっかけです。
その中でエスコート役として仕事のことをいろいろと説明したり、どんなことを目指して会社が動いているのかと話しました。
そして、理念みたいなものを最後に伝えました。
そのときに、中学生からの質問で「夢はなんですか?」と聞かれたのです。
少し考えてしまったけど、仕事を通じて人の役に立つこととか、曖昧でそれらしいことを言ってその場をしのいだ気がします。
でも、家に帰って来ても、なんとなくその中学生の言葉が引っかかって離れませんでした。
考えて見ると、いつから自分の夢を無くしてしまったり、胸を張って言えなくなってしまったのだろうかと思います。
いつまでも子どものままでいるわけにはいかないけど、そういう夢とか大きな目標というものは無くしたくないなと思いました。http://www.starsmogcheck.co/