恒星などについて授業しました。恒星は主に水素やヘリウムの瓦斯からできています。これらの瓦斯が集まって恒星が誕生したと考えられています。恒星と恒星の時間の余分には、星時間物質があります。それは主に水素から達する星時間瓦斯、およびケイ酸塩気・石墨・水(氷)などの固体微粒子、すなわち宇宙塵(星時間塵芥)だ。星時間物質が人目より密に分布するスポットを星時間雲といいます。とくに密度の良い星時間雲が近くのうれしい恒星の照射を受けてきらめくと、オリオン大星雲のような散光星雲として認められます。また、星時間物質によって背後の恒星の明かりが散乱・吸収されると、暗黒星雲として認められます。赤くさい雲のように見えていらっしゃるスポットが散光星雲だ。馬の首の形状に見えるスポットが暗黒星雲だ。1500光年の距離にある散光星雲だ。こういう中には、150億以上の原始星が発見されています。このようなことを覚えましたが、知らないことも中にはあったので知れて良かったと思います。