Month: 11月 2017

「役所の皆様、コーヒーすすってる場合ですか?」

私はよく市役所に行くことが多いです。そして、高齢者の多い町ですが、役所内は若いスタッフの人が多くいます。でもそんな若い子達の将来が少し不安になります。
 というのも、この間も、一仕事したいと思って、役所内にある、教育委員会の方へ行ってきました。市の建物の一室を借りる予定だったから。すると、なんだか、みんなコーヒーなど飲んでくつろいでいるんですよね。それで雑談をしている。
私は、文句は言いませんよ。しかるべき方法で公務員になったわけですし、実際にやるべきことはやっています。なんなら「ちょっと一休みも大事よねー」と私も思っている。
 でもさ、「それでいいのか?」って思ったりもするわけですよ。世の中は今すごい勢いで進んでて、東芝なり、郵便なりも赤字だとニュースで流れている。そんな世の中で、「今、そんなところで、コーヒーすすってて大丈夫なわけ?」とも思うのです。公務員は営業しなくていいですから楽かもしれません。でも、世の中営業力は大事だし、後々何をするにも力になる。
現在は少子高齢化です。人が少なくなったら、当然、地方自治も縮小していかざるをえない。公務員だって安全じゃない世の中だって、頭のいい人は気づいている。コーヒーすすってる今は楽でも、後々公開するんじゃないかなー、と市役所の人を見て思いました。引越して近所に持っていく物

大人になったあなたの夢はなんですか?と聞かれたら

「あなたの夢はなんですか?」
こんな風に聞かれたときに、すぐにストレートに自分の夢を語ることのできる大人はどのくらいいるでしょうか。
私の場合は、なんとなく気恥ずかしくなって、本当のことが言えず、体裁を気にしてしまいます。
または、夢と言って良いのか悩むくらい現実的で、人にいうような内容のものでないという人もいるかもしれません。
私がそんなことを急に思ったのは、先日、職場に地元の中学生が職場体験にやってきたのがきっかけです。
その中でエスコート役として仕事のことをいろいろと説明したり、どんなことを目指して会社が動いているのかと話しました。
そして、理念みたいなものを最後に伝えました。
そのときに、中学生からの質問で「夢はなんですか?」と聞かれたのです。
少し考えてしまったけど、仕事を通じて人の役に立つこととか、曖昧でそれらしいことを言ってその場をしのいだ気がします。
でも、家に帰って来ても、なんとなくその中学生の言葉が引っかかって離れませんでした。
考えて見ると、いつから自分の夢を無くしてしまったり、胸を張って言えなくなってしまったのだろうかと思います。
いつまでも子どものままでいるわけにはいかないけど、そういう夢とか大きな目標というものは無くしたくないなと思いました。http://www.starsmogcheck.co/