Month: 12月 2017

友達が彼氏と暮らすために遠くに引っ越すことになった話

先日、高校時代からの友人が遠くに引っ越しになり私とは離れ離れになってしまいました。彼女にはインターネットで知り合った新しい彼氏が出来てその人と付き合っているうちに親しくなってしまったようで彼氏さんが住んでいる町に引っ越すことになりました。私は彼氏さんには会ったことがないのですが話を聞く限りでは現在は無職の人のようでちゃんと彼女のために頑張って働いてくれるか個人的にはちょっと心配だったりもします。もしかしたら彼女は男の人に騙されているのではないかとさえ疑ってしまいます。彼氏さんがちゃんと働いている人だったら私も応援をしてあげたいし、結婚式のときには自分を呼んで欲しいと思うのですが無職の人で1度も正社員になった経験の人となると彼女はちゃんと生きていけるのかと心配に思いました。みんなは好きな人同士なんだから祝福してあげなよと言うのですが自分は彼女には幸せになってもらいたいのでちゃんと将来のことを考える人と付き合って欲しいと思います。http://www.suburbanexpress.co/pueraria-bustup/entry22.html

2017年10月10日のサッカーのハイチ戦の展望について

2017年10月10日のサッカーのハイチ戦の展望について書きたいと思います。ハイチのFIFAランキングは48位らしいですが、ランキングだけでみると弱い相手ではありません。ただし、11月に行われるブラジル戦やベルギー戦を考えると、点を取ってはずみをつけたいところです。ニュージーランド戦の反省点及び改善点はたくさんありそうですが、ニュージーランド戦ではどのような攻撃がしたいのかが伝わってきませんでした。ハリルジャパンが面白くないのは、効率が悪いサッカーになっているからです。以前のザックジャパンの方が迫力あるサイド攻撃を展開していました。何がやりたいのかわからないようなチームは、対戦相手に弱いチームだと認識されるでしょう。ロングボールの多様ではなく、低くて速いサイド攻撃を展開するべきです。FWは点を取らなければ、全く意味がありません。枠に飛ばないFWは、対戦相手にとっては「脅威ではない」のです。アリシアクリニック 粘膜

子供からの届いたメールをみたら再戦をしたくなりました

昨日は息子がバスケ部の練習試合という事で、私の職場近くにある中学校まで送ってきました。私は残念ながら仕事だったため、送り届けてからそのまま仕事に行ったのですが、仕事が終わりそうな時間帯にメールが届きました。「今日の得点は全部で30点くらい」というそっけないものでしたが、入部当時、得点はおろかマークマンを探しては右往左往するだけだった息子が何とか得点できるまで成長したかと思うと少しうれしくなりました。家に帰り試合の結果を聞いたところ全敗という事でした。息子の通う中学のバスケ部はこのあたりでもかなり弱い方のチームなので、勝敗自体は致し方ないとは思いますが、得点できるまでに成長したことは褒めてあげたいと思います。数か月前、息子と1on1をしたことがあり、その時は私が不覚にも負けてしまいました。やはり毎日やっている息子と、昔やっていたとはいえ、最近ほとんどやっていなかった私ではシュート精度が格段に違ったのですが、今回の報告でまた息子の成長を実感したくなり、1on1の再戦をしたくなりました。今度は自信をつけてきた息子にバスケットの厳しさを教えてやりたいと思います。急用 お金が必要